スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさら

ずっと探していたんです。好みのデザイン、そしてしっくりくる大きさのものを。

そして。

やっと、やーっと見つけました。


お皿。

私が探していたのは、手のひらに乗るサイズの。日本ではよくあるサイズの。15cmくらいの。CDよりもやや大きくて、おまんじゅうひとつポンと置くのにちょうどいいサイズのもの。

それが、アメリカではなかなかなくて。

アメリカで売ってるお皿って、ざっくり分けると、パスタやメインディッシュ用の25~28cmくらいのもの(ディナープレート)か、サラダを取り分ける20cmくらいのもの(サラダプレート)か、もしくはオリーブなんかを置く5cmくらいのちっちゃい大きさのものがほとんどで。

あと。こちらにも日系100均のお店や日系の食器屋さんもあるんだけど、そういうところでは気に入ったデザインのものがなく。

なのでこのサイズのお皿は長いこと「日本に帰ったら買うものリスト」の上位に君臨していたんです。

それが。

出会いました

大きもぱっちり。デザインも好み。

CDがすぅ~っと納まるサイズ。

し、か、も。

セールでお安くゲット!

わーい!!!

こちら、アメリカにお住まいの雑貨好きの方にとっては定番のお店、Anthoropologieで見つけました。

Made in ポルトガル。

はるばる大西洋を越えてやってきたんですね。いらっしゃ~い!

うれしいなー。大事に使います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。